14thキャンプ 石川町スターライトフェスティバルでキャンプしました

2011.9.30-10.2.

石川町スターライトフェスティバル2011が開催されました。

スターライト30
閉会式の一こま
左から青柳実行委員長、滝根町星の村天文台台長大野裕明氏、歌手「アクアマリン」ミマス氏

スターライト1
1日目夜から参加しました。
曇り空で星空は見えない・・・そんな時は宴会モードに
受付テント内でサンマを焼いていました。
1日目は前夜祭なので特にイベントはありません。

スターライト2 スターライト3
2日目朝~昼の風景
今夜は星空が期待できそうです。

スターライト4 スターライト5
会場には全国各地からメーカーや参加者が集結して、
たくさんの望遠鏡が集まります。
夜、晴れ渡ると放射冷却の影響で寒くなることが予想されます。

スターライト6 スターライト7
お昼のまかないご飯、野菜炒めとマカロニサラダです。
風が強く火力が弱いーと言いながら作っていました。
結果、肉野菜煮込みになりました。

スターライト8 スターライト9
昼から夕方にかけての風景、風が強く飛ばされたテントがありました。
何度かテントのペグが大丈夫かを見回りしました。
午後のイベントは天文界で有名な方々の講演会がありました。(写真は無い)

スターライト10 スターライト11
雲が出てきました。

スターライト12 スターライト13
開会式の様子
左から石川町議会議長大野峯氏、石川町町長加納武夫氏、実行委員事務局遠藤氏

このあと「アクアマリン」のナイトコンサートがありましたが暗くて写真は断念。
アクアマリンは1998年結成されたユニット(夫婦)で、[星空・宇宙・自然」などをテーマに曲を作っています。
奥さんのsachikoさんは先月子供を出産したばかりで、今回は旦那さんのミマス氏単独でライブでした。
アクアマリンは全国の星祭りに引っ張りだこ、

学校の合唱コンクールなどで唄われる「COSMOS」という曲が有名です。(動画はYoutubeで見つけたもの)

夜10時からのミッドナイトスターパーティの準備に入ります。

スターライト14 スターライト15
これは何でしょうか?
あまり見かけない、サンマの串焼き、2時間かけてじっくり焼きます。
鮎じゃなくてサンマです。

スターライト16
ずらりと並べられたサンマ、150匹!ギョギョ!

スターライト17
こちらの大鍋はとん汁、直径80センチの大鍋、何人分かって?
スタッフも答えられません。

スターライト18 スターライト19
ミッドナイトスターパーティーが始まりました。
人、人、人、見渡す限り人だらけです。

スターライト20 スターライト21
会長が言うには推定500人位いて、あまりの多さに帰ってしまった人がいたとか・・・

スターライト22
私はとん汁担当でした。
始まって20分でここまで減りました。
寒い夜は暖かい汁物がおいしいんですよね。

スターライト23 スターライト26
他にモツ焼きと焼きそばも作っています。
鉄板の周りには常に人が集まり、焼き手のへらに視線が集中しています。
焼きあがると食材は一瞬で鉄板から消えていきます。

スターライト25
40分後とん汁は完食となりました。
食べるものが無くなり、11時30分頃ミッドナイトスターパーティが終了しました。

スターライト27
12時過ぎ、受付テント内では昼間ダッチオーブンで煮込んでいたモツ煮キムチ風味を食べていました。
おたまを探しても見つからず、とん汁のひしゃくを使用しています。

スターライト28 スターライト29
3日目朝、相変わらずの曇り空
今日は絶好の撤収日和です。

スターライト30 スターライト31
閉会式の様子

石川町スターライトフェスティバルは今年で最終回
全国各地から天文メーカーやショップ、多くの天文ファンの方々がいらっしゃいました。
石川町にも毎年楽しみにしていた方もたくさんいました。
惜しまれながら20年の歴史に幕を閉じました。

閉会式でのサプライズ!
来年から田村市滝根町で開催予定と発表があり
ステージ上でのぼりの受け渡しセレモニーを行いました。


1992年から20年いろいろなことがあり、貴重な経験もさせていただきました。
火薬ロケットやペットボトルロケットの打ち上げなど、当時としては斬新なイベントを行ったり
ミニ運動会やパン食い競技など昼間のイベントも楽しかったです。
夜、真っ暗な会場でスタッフ8人でイベントテント25張りを建てた思い出や、
寒くてお酒を飲んだけど、やっぱり寒くてブルブルした夜・・・
ミッドナイトスターパーティでお肉をキープして最後まで箸で押さえていた方々・・・
受付テントの中で飛び交う専門用語、今でもほとんど理解できません。

一番記憶に残るのは1998年開催された時、台風直撃が予想される中、
全国から集まってくださる参加者の皆様の熱意や情熱にも驚かされました。
そしてその台風でテントが飛ばされる状況で奇跡的にけが人が出なかったこと。

会場で行われた3組のカップルの人前式も忘れてはいけません。



天文に関して知識も無い私でしたが、スタッフとして参加できて楽しかったです。

ありがとうスターライトフェスティバル、そして、青柳実行委員長20年間お疲れ様でした。




当日の様子や過去の写真はこちらでご覧下さい。

石川町スターライトフェスティバル2011

13thキャンプ 酷暑キャンプin上小川キャンプ場@茨城県大子町

2011.7.17.-18.
茨城県大子町にある上小川キャンプ場に行ってきました。

上小川7/17-14

前日から天気予報を見ながらどこにキャンプに行こうかと悩んでいました。
予報は酷暑の予感。
候補として
裏磐梯桧原湖or小野川湖(涼しいだろうなー、けど下見にも行ったことがないし不安)
猪苗代湖(湖畔は涼しいだろうけど、湖水浴のお客さん多いのかなー)
上小川(暑いだろうなー、でも川辺だから朝晩は涼しいという情報も・・・)
たんぽぽ村キャンプ広場(暑いし水辺も無いし・・・)

結局、暑いのを覚悟して先月も利用した上小川キャンプ場に行くことにしました。
突然なので当然ソロキャン。

午後1時出発、棚倉町のヨークベニマルで買出し、上小川に着いたのが午後3時を過ぎていました。
出発から到着まで車の温度計は36度をキープ、暑いです。

前回紹介できなかった別ルート

上小川7/17-2

上小川駅のある、国道 旧118号を突き当りまで進むとこの看板があります。

上小川7/17-3

道なりにダート道を進んでいくと・・・

上小川7/17-4

キャンプ場のど真ん中を通っている、JR水郡線の鉄橋が見えてきます。
そういえば、水郡線の愛称が7/16に「奥久慈清流ライン」に決まったそうです。

炎天下の中、キャンプする人は少ないだろうと思っていたのだが
甘かった!
いるわいるわ、結構入ってますね。
木陰はもうテントを張る余裕は無く、張れる場所といえば前回のオートキャンプエリアのみ。
あきらめて設営です。
4家族のグループの隣りにお邪魔して、軽くあいさつ。

上小川7/17-1

日差しが暑いのでタープを張った後、タープの下から出られません。
途中でビールに手が伸びましたが、温泉に浸かりたかったのでガマンガマン。
ソロキャンプのつらいところです。
午後5時から温泉が500円で入れる、袋田温泉 関所の湯へ

上小川7/17-5

温泉から帰ってきて、やってきましたこの瞬間。
プシュっと乾杯。

上小川7/17-6

夕食の準備のため炭を熾します。
ユニフレームの「チャコスタ」
これは便利ですね。煙突効果で一発着火、うちわが要りません。

上小川7/17-9

太陽が沈むと気温が下がってきました。
隣りのグループは目の前でドッヂボールを始めました。

上小川7/17-7
1人なので米を1合炊いてみました。
カタカタとなるはずがたまにカタ、カタ、となります。
あてにならないので、今回も湯気と匂いを頼りに炊飯です。

上小川7/17-11

まずまずの炊き上がり、おコゲはありませんでした。

上小川7/17-10

今回は網焼きではなく100スキを使って1人焼肉(ラム)。
ビール&焼酎を飲みながら1人の時間を楽しみます。

今日はお客さんがいっぱいで、川原で打ち上げ花火をする人や盛り上がって騒ぐ人、
繁忙期のキャンプ場はいろんな人が集まります。

日付が変わる頃就寝、
タオルケットでは少し寒かったです。

18日
水郡線の轟音で目を覚ましたのが5時20分ごろ
携帯のワンセグで「なでしこジャパン」W杯決勝の試合を見る。
ちょうど後半戦が終わる頃でした。
同点
いい試合してるじゃん。
延長の末のPK戦
そして
「なでしこジャパン」優勝!
感動しました。
朝からおめでたい瞬間に居合わせたことに感謝
「水郡線ありがとう」

そして朝食の準備

上小川7/17-12

今日の朝食は、ネギとウインナーのコンソメスープとスパゲティミートソース茄子添えです。
ちょっとパスタを茹ですぎました。

今日も朝から暑くなりそうなので
涼しいうちに撤収開始。
10時には撤収が終わり、シャワーで汗を流します。
温水シャワーは100円で3分くらいですね。
管理棟でアイスを買って木陰で涼みました。木陰を流れる風が気持ちいい!

上小川7/17-13

管理人さんと話をして、11時頃キャンプ場を後にしました。

今回、朝晩が涼しくてすごしやすかったのと
蚊・ブヨ・アブがあまりいなかったので快適でした。

上小川キャンプ場
上小川駅前 竹内商店
住所 茨城県久慈郡大子町大字頃藤3532
電話  0295-74-0006 (AM8:00~PM21:00まで)
FAX   0295-74-0006
キャンプ場管理棟
電話  0295-74-1338 (AM8:00~PM21:00まで)

ソロで来るときは繁忙期は避けて涼しい時期に来ようと思いました。
よろしければポチッとお願いします。


12thキャンプ 湯遊ランドはなわでキャンプしました @塙町

2011.6.25.-26.
東北地方も梅雨入りし、週末は雨の予報でした。
週末キャンプを予定していた私たちはキャンプを決行してきました。
場所は福島県塙町にある「湯遊ランドはなわ」。
私たちって誰?
私たちは「オヤジキャンプ」です。

オヤジキャンプ=2009年10月4人の有志が集まり結成したキャンプユニット(本当かよ!)
しかし、合同キャンプは1度きり、時々定期的な飲み会を行ってきた。
メンバーは現在、私、H氏、K氏、M氏の4人。メンバー募集中。

実は今回のキャンプ、朝の強い雨で一度中止になっていました。
お昼頃から雨が上がりメンバーに「行こうかな?」とメールを
「じゃあ行きますか」(K氏)ということで準備開始。
K氏と準備をしているとにもう一人からも連絡があり、「先に行っててくれ」(M氏)とのこと

出発して霧雨が降ってきて、途中結構雨が強くなってきました。
1時間ほどでキャンプ場に到着、雨は小降り。

ゆうゆうランド-1

チェックインは午後5時過ぎでした。
フリーサイトを大人3名利用で1040円(雨だからサービスしてくれたのかも)
200円で入浴できるサービス券もいただきました。
受付を済ませると、今日は貸切でオートサイトを含めどこを使っても構わないということでしたので
炊事場の隣の広場にテントを張りました。

今回時間的に余裕が無かったためほとんど写真は撮っていません。
小雨が降る中、合羽に長靴の完全雨モードで設営開始。
サイトは砂地、雨で緩んでいました。
テント付属のペグでは抜けてしまいそうです。
テントを張り終わった6時ごろ、M氏が到着、
久々の集合となりました。

ゆうゆうランド-2

夕食の準備、
今回初めて使うユニフレームのツアラープラスのライスクッカー
MAXの3合で炊いてみました。
沸騰してから「カタカタ」と音がするように火加減するのですが上手くいきません。
焦げるような匂いがしてきたのであわてて火を止めました。(失敗か?)

ゆうゆうランド-3

時間が無いので夕食は焼肉のみ
ご飯は美味しく炊けました。(絶妙なおコゲでした。運が良かった)
今回も100スキでラム肉やホルモン焼いたりしました。

ゆうゆうランド-4

1時位まで飲んでお開きに・・・



2日目(全く写真がありません)

6時半頃起床、霧雨が降っていました。
早速朝食つくりです。
主食はホットサンド、中身はウインナー、ピーマン、とろけるチーズ、ツナマヨソース。
スープは得意?の野菜スープ。キャベツ、ベーコン、ウインナー。
おかずは昨日の残りで野菜炒め。
朝からおなかいっぱい満足です。

霧雨の中撤収開始。
テントとタープはビニール袋に入れて後日乾燥です。
11時頃撤収完了。

帰りに湯遊ランドの温泉に入ってきました。(大人500円)
もらったサービス券は昨日の夜限定でしたので使えませんでした。

今回、雨の中のキャンプでしたが貸切ということもあり炊事場を使用できて快適でした。
気温は雨のため涼しく、夜は肌寒いくらいでした。

湯遊ランドはなわ
福島県東白川郡塙町大字湯岐字立石21
TEL 0247-42-3000
FAX 0247-43-2300
オートキャンプ場
開設4月上旬~10月下旬
FOMA以外の携帯電話は圏外でした。


もっと写真を撮ったほうがいいですね!
よろしければポチッとお願いします。


11thキャンプ 上小川キャンプ場でキャンプしました(その3) @茨城県大子町

2011.6.11.~12.
上小川キャンプ場に行ってきました。
上小川キャンプ場(その2)の続き)

キャンプ場の紹介です。

上小川-5

キャンプ場入り口を入ると、いかにも古そうな大小さまざまなバンガローが出迎えてくれます。

上小川-6

高床のバンガローもあります。

上小川-7

こちらはバーベキューハウス、学校のイス?

上小川-8

左側自販機の奥が管理棟です。
受付はこちら、売店をかねており いろんなものを売っています。
管理人さんは上小川駅前で商店を開いていて、日用品を始め
飲み物、氷、調味料、缶詰、炭、マキ、ホワイトガソリン、マントル、駄菓子、食材などなどを販売しています。

トイレは水洗式ではありませんが、掃除がされていてきれいでした。
温水シャワーは前にも書きましたが、海の家のような感じで、温泉が500円で入れるのだったらそちらがお奨めです。

上小川-29

管理棟の奥へ進むとJR水郡線の鉄橋があり、鉄橋の奥に今回利用したオートキャンプサイトがあります。

昭和40年にオープンしたキャンプ場ですから、施設が古いのは仕方ありませんが、手入れが行き届いていてきれいです。
印象的なのは
昭和の匂いがするキャンプ場。
キャンプ場の中を列車が通る。(電車好きにはたまらないのでは?)
なにより管理人さんがとても親切。

今年のGWは例年の1/3ぐらいの利用だったそうです。
茨城にも地震による自粛や、原発事故による風評被害の影響があるようです。
情報を収集して普段どおりの行動をすれば、風評被害は減少するのではないかと思っています。

料金などは公式HPで確認願います。
テント泊の場合
テント1000円/張り(初日のみ)
タープ1000円/張り(初日のみ)
大人1000円/泊
子供500円/泊
のようです。
ソロキャンプは今回1500円でした。

このキャンプ場は少し分かりづらい場所にあります。
今回は国道118号線を福島方面から ナビだけを頼りに行ってみました。
(危険ですが運転中の撮影です。道が狭くて怖かったので真似しないように。)

上小川-13

国道118号線の旧道?からナビの案内にしたがって走ると この製材所が見えてきます。
この付近の看板は隣りのキャンプ場「上小川キャンプ村やなせ(右折)」というのがあるだけです。
直進すると製材所の敷地のような、場違いな場所に来てしまった感じ。(作業員が見てるし)
小心者の私はここでUターン、地図&ナビを調べます。(やはり分からない)
やなせの方なのか?ナビはもう少し川沿いを走れと指示。

上小川-14

意を決して再突入する私。
おっ、道が開けた。けど狭い!
これしか道が無いので突き進むことに。

上小川-15

もっと狭くなってません?
ナビもなんか悩んでるみたい、線路の反対側を走っていることになっています。
前から車がきたらどこでやり過ごすのでしょうか?

上小川-16

ウラ道みたいなところに民家もあるんですね!

上小川-17

上小川駅の前(裏?)を通過。
道はこのあと 川に向かって方向を変え林の中へ。

上小川-18

林が開けたところにキャンプ場の看板を発見!

水戸方面からのアクセスはもっと分かりやすいので、看板はそちらにしか立てていないのだそうです。
でも地図上には道がない・・・
ナビを当てにしてきた人は隣りのキャンプ場に行ってしまうケースが多いそうです。

参考になれば幸いです。

おわり

上小川キャンプ場
上小川駅前 竹内商店
住所 茨城県久慈郡大子町大字頃藤3532
電話  0295-74-0006 (AM8:00~PM21:00まで)
FAX   0295-74-0006
キャンプ場管理棟
電話  0295-74-1338 (AM8:00~PM21:00まで)

このキャンプ場に行ってみたくなった方はポチッと、そうでない方もポチッとお願いします。


11thキャンプ 上小川キャンプ場でキャンプしました(その2) @茨城県大子町

2011.6.11.~12.
上小川キャンプ場に行ってきました。
上小川キャンプ場(その1)の続き)

管理されたキャンプ場でまさかの完全ソロキャンプが決定してしまいました。

バンガロー泊って30人くらいって言ってたけど、団体さんのキャンセルはキャンプ場にとって打撃ですよねー
10人くらいのグループのキャンセルもあったみたいだし、ショックですね。(今日だけで合計40人キャンセル)
売店の冷蔵庫にたくさん飲み物冷やされてたっけなー
管理人さんといろいろ話しているうち、すっかり暗くなってしまいました。

上小川-19

1人でキャンプするとき、炊飯は飯ごうを使います。
飯ごうにナベ、フライパンは結構かさばるので、
コンパクトなクッカーが欲しい。
この飯ごうの場合、最低2合炊きなので2食分です。

強火で沸騰させて、弱火にしたら五感を研ぎ澄ませ、中の様子を探ります。
音がしなくなり、ちょっと焦げ臭くなってきたら合図です。
仕上げに強火で10秒くらい、火からおろして逆さにして10分ほど蒸らします。

上小川-21

ちょっといじってしまいましたが炊けました。
今日は今までのなかで一番の炊き上がりです。(おこげもちょうどいい感じ)

食事を作るときご飯を炊くことが一番神経を使う瞬間です。(主食ですから)

上小川-20

後は1人焼肉を楽しみました。
ビールを飲みながら、ラム肉を塩・コショウして炭火で網焼き。
隣りで100スキ(100円ショップで売っているスキレット)で味付モツ焼きを焼き焼き。
キャンプで100スキ初めて使いましたが、とても香ばしく美味しく焼けますね!
定番になりそう!

上小川-28

1時間くらいに1本通過する水郡線、国道を走る車の音、カエルの大合唱、
決して静かなキャンプ場ではありませんが、生活の音が今日は何となく心地良い感じです。
去年の芝山自然公園ソロキャンプのトラウマでしょうか・・・
お酒は途中からバーボンのロックをチビリチビリに変わりました。

上小川-27

最終列車は23時30分頃
ブレブレですね。酔ってる?


2日目

なぜか4時に目が覚めてしまい、カエルや鳥の合唱で眠れませんでした。
このキャンプ場のもう一つの楽しみ、
始発列車にたたき起こされる!
が叶いませんでした。

上小川-25

くやしいので待ち伏せして写真を撮ってあげましたYO。

上小川-22

朝食は初めての試み、ネットで見つけた料理100スキで「やきとリゾット」
100スキで水を沸かし残りご飯を投入、そこに焼き鳥の缶詰1缶を汁ごと入れ混ぜます。
塩・コショウで味を整えて、溶けるチーズを入れとろみが出たら完成。
この味を整えるって難しいですね。だって食べたことない料理だし、今回は甘くなってしまいました。

上小川-23

スープは簡単、ベーコン、シャウエッセン、キャベツ、たまねぎ、コンソメブロック、塩、コショウです。
味は想像できますね!
シャウエッセンのパリッが良いんです。

上小川-26

でも、こんなに水郡線をしみじみと眺めたことって今までなかったなー。

片づけが終わってキャンプ場の温水シャワーに入りました。
まるで海の家のシャワーそのもの!
「100円である程度温水がでます。」だって!(表示がアバウトです)
体を石鹸で洗っている途中で100円終了、追加投入となりました。

チェックアウトのとき、管理人さんと地震のこと、原発のこと、あとキャンプ場の昔話など
いろいろお話をしてキャンプ場を後にしました。

今回、予約もなしで飛び込みでしたが 対応していただきありがとうございました。

次回、上小川キャンプ場の紹介へ続く


上小川キャンプ場
上小川駅前 竹内商店
住所 茨城県久慈郡大子町大字頃藤3532
電話  0295-74-0006 (AM8:00~PM21:00まで)
FAX   0295-74-0006
キャンプ場管理棟
電話  0295-74-1338 (AM8:00~PM21:00まで)

昭和レトロのキャンプ場がもっと見たい方はポチッとお願いします。


プロフィール

まぁくん

Author:まぁくん
福島県発!
アラフィフの仲間入りw
大人になってから始めたスケートと、
子供が大きくなってから始めたキャンプ、
ネタ探しで始めた食べ歩きの記録です。

お気楽に行動しましょう!
長男katsuと次男daiは別居中
妻kyouと両親との4人暮らしです。

これは家庭崩壊寸前!?

お気楽にコメントをどうぞ、
いただけると嬉しいです。

最新記事
最新コメント
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
シンプルアーカイブ
訪問者カウンター
訪問ありがとうございます
ページビューカウンター
カテゴリ
お気に入りリンク
アクセスランキング
ポチッとお願いします。
[ジャンルランキング]
趣味・実用
3364位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
アウトドア・キャンプ
227位
アクセスランキングを見る>>
最新トラックバック
ザ.5秒
管理者へメールを送る
メールアドレスはブログ管理者のみ閲覧できます。

名前:
メール:
件名:
本文:

検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR